おかげさまで亀の子祭は、大盛況でした

2011/10/02

10月1日(土)亀の子祭
花火で開会の合図を行い、理事長の挨拶から第14回亀の子祭を開催しました。
どんなイベントが行われたか紹介します。
まずは、 「大田市立第三中学校」吹奏楽部による演奏

 
十数名の部員でここにある楽器を使って演奏してくれました。
ひとつの演奏で、一人で楽器を二つ三つ使いこなす部員たちの驚きです
当然のことですが、すばらしい演奏をたくさん聞かせていただき、心が洗われました。
続いて、山村留学センターと北三瓶小中学生の皆さんからなる「北三瓶っ子太鼓クラブ」の太鼓演奏です。

皆さん、勢い良く太鼓をたたいてお祭りに勢いをくださいました。
昼一番には、亀の子メンバーによる「亀の子レンジャーショー」
うつ病を題材にして、うつ病は怖いものではなく、治療を受ければよくなるという内容を劇で披露しました。

後から、見てみると何箇所か見直しが必要なところも見つかりました。
そこを直して、次回12月4日(日)の啓発で披露をしますので、皆さんおいでください。
「和笑&神童」さんによるよさこいも私たちに元気をくださいました。

よさこいの合間にも「世界遺産音頭」も披露されましたが、私の担当のバルーンアートが忙しく写真撮影ができませんでした。(記録係はきちんと記録をしていますが、今私の手元にはその写真がないので載せることができませんでした。
最後の大イベントは大抽選会
多くの方が、32型テレビが自分のところに来るのではと、幻想を抱いたことでしょう。
当然私も、(まあ私には権利はなかったのでっすが、家族には権利がありましたので。)期待していました。

きちんとテレビは当たりました。ただ予定と違うのは、私の家族にではなく、よそのお子さんに当たりました。
他にどのような物があったかといいますと・・・・・
ドライフラワーア-ト教室


こんなすばらしいお花が作れました。
その横では、キットパス教室

この様に床に模造紙を貼って好きな絵を皆さんに描いてもらいました。
この横では、写真立て教室があり

皆さんかわいい写真たてを作り、その場で撮った写真を貼って完成しておりました。
外では、竹細工教室が行われており

やじろべえや竹とんぼなどを作ってもらい楽しんでいました。
その横では、心のチェック(うつ病チェックなど)を県央保健所の保健師さんと自立支援ボランティアさんに啓発活動をしていただきました。

(このパネルは、市役所の保健師さんが作ってくださいました。)
大鍋豚汁もこの様に作って皆さんに振る舞いををしました。

先着100名ということでしたが、この量ですから、もっと多くの方に食べてもらえたことでしょうね
遊亀館玄関前では、亀の子の各施設の紹介パネルも展示しました。

そんなに多くはなかったようですが、熱心にこの展示を見てくださる方も居られたのでうれしかったですよ
私は、このバルーンアート教室で、風船を膨らませていました。

こちらもこんなに大盛況でしたよ。
他に、バザーも大盛況でありがとうございました。
「ふくしネットワークにじ」さんも販売に来て下さり、亀の子祭の賑わいに花を添えてくれました。
そうそう、こんなうれしいプレゼントも頂きました。

亀のパンです。
お祭りが終わり、後片付けも終わった後、職員で美味しく頂きました。
「はとぽっぽ」さんありがとうございました。