平成22年度大田圏域高次脳機能障がい者支援研修会

2011/02/12

 2月10日(木)
平成22年度大田圏域高次脳機能障がい者支援研修会を大田圏域支援ネットワーク会議の事務局として、あすてらすにて開催させて頂きました。

講演内容は
 行政説明「高次脳機能障がい者支援事業について」
  講師:島根県高次脳障がい者支援事業コーディネーター
         土江啓悦 氏

 講演「高次脳機能障がい者の理解について」
  講師:エスポアール出雲クリニック
       院長  高橋幸男 氏

この研修には、民生委員・医療関係者・福祉関係者・行政関係者100名に参加頂きありがとうございました。
アンケートを見させて頂くと、多くの方から、わかりやすい講演で高次脳機能障害についての知識が深まったとのご回答を頂き、継続的な研修が必要とのご意見を頂きました。
また、一部の方からは、もっとお話が聞きたかった(特に認知症についてのお話の時間が少なかったので)、次回はもっと時間を取って欲しいとのご意見も頂きました。
会場が少し暑く感じたのですが、設定温度が22℃設定になっていたので、私だけそう感じていたかと考えて、温度調節をそのままにしておいたのですが、アンケートにも会場が暑かったとのコメントを頂き、反省しているところです。
当初は、定員を80名で予定しておりましたが、申し込みがどんどん増えて行ったので、急きょ県央保健所の担当者と相談して、研修室3も借りて頂き申込者全員に研修を受けて頂くことができました。
大田圏域の関係の皆様の高次脳機能障がい者に対する関心の高さがうかがい知れます。
今後も、高次脳機能障がい者支援に関して、皆様のご協力を宜しくお願い致します。
最後になりますが、ご講演して下さった高橋先生様、土江コーディネーター様ありがとうございました。
また、研修会の準備に関わって頂いた皆様、ご協力ありがとうございました。